診療科のご案内

0463-32-0015(※お間違えのないようお願いします)(代表)

休診日: 土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

診療科のご案内 外来担当表・休診情報 新型コロナウイルス感染症関連

放射線治療科

治療方法

乳癌に対する治療


深吸気息止め照射(DIBH:Deep Inspiration Breath Hold)

左側の乳癌で乳房温存手術を受けた方が適応となります。通常の放射線治療は、自由に呼吸をしていただいて照射を行います。深吸気息止め照射の場合は、息を吸って止めた状態で放射線を照射します。
息を吸って止めることで、肺の空気量を増やし心臓を照射野から外すことができます。結果として、放射線治療後、時間がたってから出現する心筋梗塞などの心臓の有害事象を減らすことができます。

光学的患者ポジショニングシステムについては、こちらをご覧ください。

光学的患者ポジショニングシステムを使うことで、高精度での照射が可能となります。
短期照射(寡分割照射)

乳癌術後放射線治療の線量は1回2Gy(グレイ)を25~30回 合計50~60Gy照射する方法が一般的でした。(通常分割照射)
近年、治療期間短縮のため、1回の線量を増やし、照射の回数を減らす短期照射(寡分割照射)という治療方法が広まってきました。つまり通院回数が少なく済むと言うことです。
治療効果は、従来の治療方法と比べて同等であり、副作用も同等もしくは軽度と言われており、乳癌診療ガイドラインにも記載されています。
当院では既に短期照射を行っています。主に、50歳以上で抗がん剤治療の行っていない方のうち、腫瘍の大きさが小さく、リンパ節転移の無かった方にお勧めしています。
適応の無い方でも通院が難しい方などは、状況によって短期照射を行うこともありますのでご相談ください。
当院で短期照射を行う場合は、従来の方法で25回の方は16回、30回の方は20回に減らすことができます。

前立腺がんに対する治療


限局性前立腺癌に対するVMAT(回転強度変調放射線治療)治療

当院では、治療装置が回転しながらIMRT(強度変調放射線治療)を行うVMAT(回転強度変調放射線治療)を行っています。
この方法で治療を行うことで、前立腺にはしっかり線量を投与しつつも、周囲にある正常臓器(膀胱や直腸)への線量を減らすことができます。

治療装置が治療台の周りを360度回転しながら照射します

転移性骨腫瘍(骨転移)に対する治療


転移性骨腫瘍(骨転移)に対する定位放射線治療(ピンポイント照射)

2020年から「直径5cm以下の転移性脊椎腫瘍」や「5個以内のオリゴ転移」に対して、定位放射線治療(ピンポイント照射)が保険適用となりました。
当院では、2021年から転移性脊椎腫瘍に対するVMATを用いた定位放射線治療を開始しています。
この治療は、従来の痛みなどの症状を改善する目的の緩和照射と異なり、ピンポイントでたくさんの線量を照射することで、腫瘍を制御することを目標とした治療となります。治療の適応・照射の回数・副作用などにつきましては、外来受診時にご相談ください。

VMATを行うことで、脊髄の線量を低減しながら、病巣へは高線量を投与することができます

診療科のご案内