診療科のご案内

0463-32-0015(代表)

休診日: 土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

外来のご案内 当院までの交通アクセス 看護師募集中!

皮膚科

地域の中核病院の皮膚科として、他院や他科との連携をとりながら診療しています。患者さまへの病気や薬についての説明は、なるべくわかりやすい言葉を用い、納得して頂けるよう心掛けています。全ての皮膚疾患について的確な診断・治療が行えるよう、スタッフ全員のスキルアップをめざして、勉強会やミーティングを積極的に行っています。

診療内容

一般的な疾患から、入院手術を要する悪性腫瘍まで、幅広く皮膚疾患の治療を行っています。全身麻酔下の拡大切除や、重症軟部組織感染症に対する緊急デブリドマンなど、皮膚外科学にも積極的に取り組んでいます。

  • 湿疹・皮膚炎群
    きめ細かい外用・生活指導とともに、原因・増悪因子の除去に努めています。血液検査や積極的なパッチテストを行っています。アトピー性皮膚炎重症例には、入院治療も行い、外用療法などについて、一緒に勉強していきます。
  • 円形脱毛症
    診断確定のための皮膚生検検査も積極的に行っています。難治例に対しては、ステロイドの局注、免疫療法(SADBE、DPCP)も施行しています。また、必要な場合には、入院の上パルス療法も行っています。
  • 水疱症
    ステロイド・免疫抑制剤に加えて、抵抗性の重症例については、血漿交換法、γ-グロブリン投与を併用し、良好な治療成績を得ています。
  • 感染症
    重症帯状疱疹については、早期入院の上、抗ウィルス剤の点滴を勧めています。致命率の高い壊死性筋膜炎などの重症軟部組織感染症に対しては、積極的にデブリドマンなどの緊急対応を行っており、ここ数年高い救命率を維持しています。
  • 尋常性乾癬・掌蹠膿疱症など
    一般的な治療に加えて、光線療法を積極的に併用して治療効果をあげています。尋常性乾癬については生物学的製剤の投与も可能です。
  • 薬疹・アレルギー
    重症薬疹については、ステロイド投与、γ-グロブリン投与や血漿交換など集約的な治療を行っています。また、原因薬の検索も積極的に行い、副作用カードの発行を行っています。アナフィラキシーの患者さんに対してエピペン®処方が可能です。
  • 腫瘍
    良性・悪性の診断をつけ、適切な手術を提案しています。形成外科常勤医との連携も取りながら、整容面や日常生活に配慮した手術を行っています。担当医が手術・病理組織学的診断・術後の経過観察、全ての過程に責任を持って行うことを大原則としています。また、悪性黒色腫、有棘細胞癌、乳房外パジェット病に関しては、センチネルリンパ節生検も施行可能です。皮膚悪性腫瘍には、化学療法も行っています。悪性黒色腫にはがん免疫療法(オプジーボ®など)も行っています。
    令和2年度外来手術件数は354件、入院手術件数は65件(内全身麻酔22件)です。ある程度の大きさの局所麻酔下の手術については、一泊入院の手術も行っています。
  • 陥入爪・巻き爪
    自費診療で、巻き爪マイスターを用いた巻き爪治療を行なっています。

医療設備

紫外線照射装置(デルマレイ200、セラビウム、TARNABの三機種)
ダーモスコピー、多汗症に対するイオントフォレーシス

2020年度患者数・手術実績

  • 一日平均外来患者数 約60人
  • 一日平均入院患者数 約6.0人
  • 年間外来手術件数 354件、生検177件
  • 入院手術件数 65件

スタッフ

科医長

栗原 佑一

卒業年
H19年卒
資格
日本皮膚科学会専門医・指導医
臨床研修指導医
がん治療認定医
専門分野
皮膚科全般、水疱症、脱毛症、皮膚悪性腫瘍

主任医長

藤尾 由美

卒業年
H15年卒
資格
日本皮膚科学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
臨床研修指導医
がん治療認定医
専門分野
皮膚科全般、皮膚悪性腫瘍

医長

田中 諒

卒業年
H22年卒
資格
日本皮膚科学会専門医・指導医
臨床研修指導医
がん治療認定医
専門分野
皮膚科全般、水疱症、小児皮膚疾患

医師

朱 瀛瑤

卒業年
H28年卒
専門分野
皮膚科全般

医師

鈴木 友博

卒業年
H28年卒

医師

作田 隆義

卒業年
H28年卒