採用情報

0463-32-0015(代表)

休診日: 土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

外来のご案内 当院までの交通アクセス 看護師募集中!

臨床研修医募集

先輩による病院紹介、この病院を選んだ理由

【研修医1年目】
【研修医2年目】

令和2年4月採用研修医(17期生)から

研修医1年目の安達聖です。
新型コロナウイルス感染症の件もあり、特殊な9か月でしたがそれでも充実した研修をさせていただいております。この9か月で感じた平塚市民病院で研修をしてよかったなと思う点はたくさんありますが、その中でも救急と研修医の同期・先輩についてお伝えしたいと思います。

まず一つ目に救急についてです。基本的に毎月4回の日当直と救急科ローテの3か月で救急に携わることになりますが、とにかく「自分で考え動く」というスタイルです。ファーストタッチは研修医が行うため、研修が始まった頃は何もわからず本当に不安でしたが、最初は2年目の先輩が面倒を見てくださり、そして上級医も丁寧について教えてくださるというかなり充実した体制です。自分で考えて動かなくてはならないので、嫌でも勉強になりますし、フィードバックもしっかりとしてくださいます。正直言ってとてつもなく忙しいときもありますが、common diseaseを中心に非常に多くの症例と出会うことができ、時としては上級医と三次救急も経験することができます。そして当直明けは休みなのでメリハリもあります。研修中に経験すべき疾患を診ることと、「自分で考えて動く」力をつけるのには絶好の環境だと思います。

次に研修医の同期・先輩についてです。これはおそらくどの研修医も感じていることだと思いますが雰囲気が間違いなく良いです。私は一番良い点だと思っています。仲の良さは当然のこと、お互いに教えあったり経験したことを共有したりするのも日常です。先輩方も快く教えてくださり、非常に良い刺激をもらえます。新型コロナウイルス感染症のため、なかなか飲みに行ったりできない中でもここまで仲が良く切磋琢磨していけるのは、この雰囲気の良さだからだと思っています。おそらく病院全体の雰囲気の良さがそうさせているのだと思います。

病院見学もなかなかできず、研修病院選びも大変だと思います。そして正直言って、研修の質を決めるのは病院でなくその人次第だと思います。ただ、平塚市民病院では間違いなく有意義な研修にしよう、質の高い研修ができるなと思える最高の環境が備わっていると思います。直接の病院見学にしてもオンラインでの見学にしても、一度その雰囲気を感じていただければなと思っています。
(安達 聖)

研修医一年目の石川裕二と申します。研修開始から9か月経過し、まだまだ未熟ではありますが、少しずつできることが増えている実感はあり、充実した日々を送っています。自分が感じた当院の魅力をお伝えできればと思います。

  1. メリハリがしっかりしている
    約週一回のペースで当直がありますが、次の日は休むことができるので、業務に集中することができます。自分はしっかり睡眠時間を確保したかったので、このシステムはかなり助かってます。
  2. 救急対応が身につく
    全身管理や緊急手術が必要な重症から、common diseaseなど軽症まで幅広い症例が見られます。もちろん最初は2年目の先輩や、指導医の先生からアドバイスをもらいながら診察を行いますが、ある程度経験を積んだら、一人で診察→検査→アセスメントまで行い自分なりの方針を指導医にプレゼンするようになります。悩ましい症例や重症なものは相談しながらといった感じです。夜中に限らず指導医に電話するときは緊張しますが、いつも親身に対応していただけます。
  3. 海が近い
    自転車で行ける距離に湘南の海がひろがっています。当直明け・週末はサーフィンやダイビングなどのマリンスポーツや海釣りも楽しめます。最近はキャンプにはまっている同期も…

研修先で悩んでいる方も多いと思いますが、「百聞は一見に如かず」です。状況さえ許せばぜひ見学にお越しください。お待ちしてます!(見学の可否ついてはHPをご参照ください)コロナで大変な時期だとは思いますが、皆さんが良い研修病院に出会えることを願っております。
(石川 裕二)

はじめまして。研修医1年目の大谷理紗と申します。2020年4月に入職し、早いもので9ヵ月目が経ちました。新型コロナウイルス感染症の影響で病院見学のチャンスがなくなってしまい、学生の皆さんもマッチングに対する不安を多かれ少なかれ抱いているかと思います。今回は当院での初期研修を検討中の皆さん向けに、少しでも当院の魅力をお伝えできれば幸いです。

私は平塚市内に20年以上在住しており、平塚はいわゆる地元です。 マッチングに際しては神奈川県内の他の研修病院も数ヵ所見学させて頂いた上で、最終的に当院が1番魅力的であったため志願致しました。学生時代に1ヵ月間当院の救命救急センターにて実習させて頂く機会があり、その時に出会った研修医の先生方が活き活きと楽しそうに仕事をしている姿がとても印象的でした。 入職前はどんな先輩・同期に会えるのか期待も不安もありましたが、頼りになる先輩・切磋琢磨しながらも毎日笑いに溢れている自慢の同期に恵まれ充実した研修医生活を送っています。

病院の雰囲気が良い・優しく熱心な先生が多い・医局に自分専用の机が確保されており快適・図書室の文献が豊富・研修医の出身地/出身大学が様々・クルズス/抄読会など学術的な面も充実・当直明け休み・ローテーションがフレキシブル・当直は救急車/ウォークインともにfirst touchを任される・病院が綺麗・手技を豊富に経験できる・快適な当直室・救急医療が充実・寮費が破格…などなど魅力を挙げだしたらキリがないですが、きっと他の研修医の先生たちがこれらについては触れてくれると思うので私は割愛します。

平塚と聞いて何をイメージしますか。七夕祭り?湘南ベルマーレ?湘南国際マラソン?箱根駅伝…?ここは海と山に囲まれとても住みやすい街です。病院はJR平塚駅からバスで20分ほど離れていますが駅に出れば飲食店もたくさんあり、映画館・ショッピングモールもありすべて事足ります。都心へも東海道線で1本、車があれば静岡の海も御殿場のアウトレットも箱根もすぐ近くで、オフの日も充実すること間違いなし!

ぜひ平塚市民病院で医師としての第1歩を踏み出しましょう。興味を持ってくださった皆さんと一緒に働ける日を、研修医一同楽しみにしています!!
(大谷 理紗)

初期研修医1年目の金井田れなと申します。
私は出身大学も出身地も平塚とは全く違う場所ですが、たまたま病院見学に来た際に雰囲気の良さが決め手となり平塚市民病院を研修病院として選びました。平塚市民病院の魅力であると感じた点を、実際に働き始めてから感じたことも加えて何点かご紹介致します。

  • 病院の雰囲気が良いこと:見学時に感じたことですが、研修医同士の仲の良さ・上級医との関係性・コメディカルの方々の雰囲気、これら全てにおいて良い印象を受ける病院は多くありませんでした。平塚市民病院はこれらのどれもが明るく、先輩方が楽しそうに働いていた姿が印象的でした。実際に研修が始まってからもこの印象に相違なく、働きやすさを実感しています。
  • 救急外来での研修が充実していること:救急搬送が多く軽症から重症まで様々な症例を経験できる、当直ではウォークインも救急車も研修医がファーストタッチをする等、救急外来での研修の充実は間違いなく当院での初期研修における魅力だと思います。ただ、私個人としては学生時代より“将来救急科に進みたい、救急医療にとても興味がある”といった志を持っていたわけではありません。しかし当院のように救急科研修が充実した病院を選んだのは、救急医になりたいという人はもちろん、そうでない人こそ、研修医の間に救急外来で症候から診断をつけていく方法や重症患者の初療について学ぶことが重要なのではないかと考えたからです。

その他についても述べようと思っていましたが、長くなってしまったのでここまでにします。見学が思うようにできず病院選びも難しいと思いますが、参考にして下されば幸いです。
(金井田 れな)

こんにちは。研修医1年目の佐藤秀と申します。
研修医目線で当院の良いなと思ったところを、本稿作成時現在私は消化器内科をローテートしているので消化器内科研修ベースであげていきたいと思います。

  1. 内科外来研修・当直業務
    内科系ローテート時は週に1回外来を持ち外来患者さんを、当直時は救急車でいらっしゃる患者さんを、それぞれ自身が1st touchして問診から検査オーダーまでこなします。また適宜投薬や処方も研修医が行っています。最終的には上級医にコンサルトして対応するので、自信を持って診療にあたることができます。ここまでは多くの病院と同様であると思いますが、当院は上級医やコメディカルの方との垣根が非常に低いので、些細なことから専門的な内容まで非常に相談しやすく、学びやすい環境になっています。
  2. 手技の充実
    当院では、上級医の指導下に多くの手技をこなせます。例えば今ローテートしている消化器内科では、入院患者へのIVH挿入・上部消化管内視鏡検査などを指導医の直接指導下にて行っています。ちょうど本稿を記載している週はIVH挿入を1件と、胃カメラを4件施行させていただきました。手技をこなせる病院は多いと思います。当院はさらに、上級医が直接指導してくれる体制が充実しているため、型が身に付きますしステップアップを実感することができると思います。

他にも、家賃が激安なのに綺麗なアパートに住まわせてくれたり、当直明けは確実に帰れることが保証されていたり、オンコールがほとんどなかったり。それ以上にもここでは語り尽くせないオイシイところが多い病院だと思いますので、一度見学や実習等で体感しに来ていただけると幸いです。
(佐藤 秀)

平塚市民病院研修医1年目の前田倭空です。私が現在研修をしていて良いなとおもった点を挙げたいと思います。

  1. 出身大学に偏りがない。
    本当に研修医の出身大学はバラバラです。みんな慣れていないので、不安のような、楽しみなような気持ちで入職します。初めて出会う人たちとの会話は新鮮で、おもしろい人ばかりで楽しいです。2年目の先輩方も、それぞれ気さくな方たちで、研修医室にいても楽しく過ごせています。机も1,2年目バラバラで、相談したいことがあったら隣の先輩に聞いたりしています。
  2. 雰囲気がいい
    先生方が優しいです。当直業務では自分で初期対応して上級の先生にご相談するのですが、優しい先生ばかりなので相談もしやすいですし、たくさん教えてくれます。病棟の雰囲気も良いので、日常業務でわからないこともコメディカルに相談しやすいです。
  3. 病院がきれい
    全体的に病院内は明るい気がします。天井が低かったり、電気が暗いとかだと気持ちも低下する気がします。働いてみていえるのは、きれいな病院って結構大事です。
  4. 寮費が安い
    きれいなアパート借りてるのに、月8000円は魅力的です。病院からも近くて大満足です。
  5. 箱根とか近い。
    できることなら、箱根や熱海など温泉巡りしたいですね。また平塚はほどよい田舎で住みやすいです。どこか遊びに行こうってときも近くに楽しいスポットはたくさんあります。

百聞は一見に如かず。見学して実感してみてください。
皆様にお会いできることを楽しみにしております。
(前田 倭空)

研修医1年目の山屋直大です。
入職して10ヶ月が経ち、優しい先輩方や同期に恵まれ、充実した研修生活を送っています。これまでの研修で感じた平塚市民病院の魅力についてお伝えします。

  1. 救急外来研修が充実している
    他の研修医の先生方も挙げている通り、当院研修での一番の魅力だと思います。
  2. 手技経験の機会が多い
    救急外来や日々の診療の中で手技の機会は多く、CV挿入や胸腔ドレーン留置なども経験できます。同期の人数は多すぎないので手技の取り合いになることもありません。手技の後には指導医の先生からフィードバックをいただくことも多く、大変勉強になります。また、外科系ローテートでは、時には手術の執刀をさせていただけることもありました。
  3. 研修医向けのクルズス/抄読会がある
    毎週木曜日に研修医向けのクルズスと抄読会があります。クルズスのテーマは研修医向けに設定されており、救急外来や病棟業務で使える実践的な内容が多く、日々の診療に役立てることができます。

他にも、

  • 同期の仲がいい
  • 学会発表の機会がある
  • 寮が安くて綺麗(月8000円)
  • 近くに美味しい中華料理店があるなどいいところは沢山あります。皆さんの研修病院選びの一助になれば幸いです。

是非一度、見学や説明会にいらしてください。お待ちしております!
(山屋直大)

平成31年4月臨床研修医(16期生)から

平塚市民病院のHPをご覧いただきありがとうございます。1年目の奥村と申します。研修が始まって2ヶ月弱が経ちました。たくさんの人に支えられながら充実した日々を過ごせています。
研修医にとっての、平塚市民病院を一言で表すとちょうどいい、絶妙なバランス感です。
それぞれ求めるものは違うと思いますが、私がこの病院を選んだ理由、いいと思う点をあげさせていただきたいと思います。

  • 病院の雰囲気が良い
    →コメディカルの方々が皆とてもアットホームですごしやすい、上級医の先生とよくコミュニケーションが取れる、綺麗で明るい新棟、大きな窓から富士山が大きくて見える気持ちの良い病棟
  • 病院の規模が丁度いい
    →400床くらいで程よいサイズ感、病棟に行きやすい。
  • 先輩、同期の雰囲気
    →先輩方の雰囲気が良かったというのはここに決めた大きな理由の一つです。同期は選べませんがここに来れば絶対いい同期が入って来るんじゃないかと考えました。実際、素晴らしい同期に出会うことができました。これが一番大事なことだったかもしれません。
  • 当直
    →上級医の先生に上申が必須。自己判断だけで終えることはないので守られていると感じるし、自分で考え先生にプレゼンすることで力になる。
  • レジデントスペース
    →私は重要視していなかったのですが、この存在はとても重要です。
  • 給料ちゃんともらえる
    →毎月、給料明細が来ると嬉しくなります。
  • 寮費が安い
    →8000円という破格で病院劇近のアパート。本当に助かります。
  • 平塚
    →住みやすく、海の街という雰囲気がとても良い。東京にも出やすい。

見学に来て実際に感じるのが一番です。平塚市民病院の雰囲気を感じたら、必ずしっくりくる人がいるはずです。細かい研修内容も来て質問してみてください。ざっくりした内容でしたが、私からは以上です。皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
(奥村 仁)

こんにちは。研修医1年目の清原 光と申します。
まだ働き始めて数ヶ月ではありますが、平塚市民病院のいいところを紹介させていただきます。

  • 救急科の研修が充実している
    救急科のローテートは3ヶ月あり、その他の科を回っているときも月4回ほど救急科当直があります。ウォークインも救急車もファーストタッチをさせてもらえるので、大変勉強になります。上級医の先生がついてくださるのでフィードバックもいただけます。救急車も軽症から重症まで様々な症例が来ます。まだ考えが至らない部分も多々ありますが、2年目の先生方の背中を追いかけながら日々精進しています。
  • 研修医の人数がちょうどよく、出身大学が様々である
    同期が13人と個人的にはちょうどいい数かなと思います。また、わたしは地元が福岡、大学は宮崎 大学で平塚どころか関東に住むのは始めてです。いろいろな大学から集まってくるため、みんなで和気あいあいとした雰囲気であることも魅力のひとつだと思います。
  • 市中病院でありながら学問的な面もしっかりしている
    クルズスといって各科の先生方が研修医向けに講義をしてくださったり、抄読会で研修医が上級医の先生方の前で論文をまとめて発表する機会もあります。また、学会などで発表する機会もあるようです。

ほかにもまだまだ魅力がたくさんありますので、是非一度病院見学に来てみて下さい。お待ちしております!
(清原 光)

はじめまして。これから2年間平塚市民病院で研修させていただく研修医一年目の櫻井裕一郎と申します。
私が研修病院を選ぶ際、重視したのが「教育体制」と「立地」の2つでした。そのためこの2つに焦点を絞ってご紹介します。

  • 教育体制
    初期研修医として働くうえで救急外来での対応を身に着けたいと考えている医学生の方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。平塚市民病院は三次救急の病院で、軽症な患者さんから重篤な患者さんまで数多く受診されます。そうした患者さんを診察し上級医の先生にご相談するのが研修医の役割となっています。問診、身体診察から画像検査や採血検査を自分で考えてオーダーし、その結果の解釈も含めて上級医の先生にプレゼンテーションするので自分で考えて診療する力が身につくと思います。当院では患者さんの診察を上級医の先生に救急外来で再度診察し確認していただく決まりになっているので、安心して診療を行うことができます。またそういった際に上級医の先生からフィードバックをいただくことで、正しい診察スキルが身につきます。
    これは実際に働きだして感じていることですが、上級医の先生方が教育熱心であるのは平塚市民病院の特色だと思います。どの科でも、研修医が行えるような手技であれば上級医の先生は研修医ができるように配慮してくださいます。資格取得の講習会や論文発表のお誘いも頻繁にあります。また学生の方々は病院紹介の際に聞いているかもしれませんが、クルズスと抄読会、担任制度のように研修医の教育を支える制度も充実しています。
  • 立地
    平塚だと東京から遠くて不便なんじゃないかと思われる方が多くいるかもしれません。しかし横浜まで30分、新宿駅や東京駅などにも1時間程度しかかかりません。そのため週末は都内まで足をのばすことも苦ではないです。買い物に関しては、病院から自転車で15分程度のところにららぽーとがあり、日常生活で必要なものは基本揃っています。また平塚は湘南の中央部に位置しており、週末や当直明けにサーフィンなどのマリンスポーツを楽しむ研修医も多くいます。

以上を読んで、魅力を感じていただけたのであれば実際に見学していただいて、研修医の話を聞くのが一番かと思います。学生の皆さんの見学、研修医一同楽しみにしています。
(櫻井 裕一郎)

「はじめまして。研修医1年目の品川希帆と申します。
初期研修がスタートして早2か月経ちました。まだまだ慣れないことも沢山ありますが、丁寧にご指導くださる先生方や先輩方、頼りになる同期に支えられながら充実した毎日を過ごしております。
2か月と短い期間ですが、実際に平塚市民病院で働いて感じた魅力をいくつかご紹介します。

  • 病院の雰囲気が明るいこと!
    研修医と指導医の距離が近く、小さなことでも相談しやすい雰囲気があります。コメディカルの方々も優しく丁寧に教えてくださるため、多方面の視点から広く学ぶことが出来ます。また建て替えたばかりの新棟は陽がさんさんと差し込み、院内でも明るい気持ちで働けます。私が平塚市民病院での研修を志望した決め手でもあり、個人的に一番の魅力でもあります。
  • 救急業務のメリハリがしっかりしていること。
    年間救急車受け入れ台数は1万件に迫る勢いであり、たくさんの症例に触れることが出来ます。基本的に研修医がfirst touchを行い、指導医への上申も必須であるためfeedbackも充実しています。一方、当直明けは帰宅可能というシステムが浸透しているため、業務中はしっかり集中して働くことが出来ます。
  • 同期のバランスがいいこと。
    初めのうちは同期13人は多いかもと不安を抱いていたのですが、実際働き始めると多すぎず少なすぎず、丁度いい人数だと感じました。また全国の大学から集まっているため、様々な話が聞けて楽しいです。
  • 居住環境が整っていること。
    月8000円で病院近くのアパートに住むことができるので、経済的にとても助かります。病院は駅から少し離れているのですが、駅まで行ってしまえば都心まで電車で乗り換えなしで出られるため、地理的にも大変便利です。

他にも文字では語りきれない魅力はたくさんあるので、是非一度見学にいらしてください!お会いできることを楽しみにしています。」
(品川 希帆)

今年度初期研修1年目の高橋千晶と申します。私がこの病院を研修先に選んだ理由はとにかく、とにかく雰囲気です。私は(急遽大学に戻ることになり)病院見学1時間だけでマッチングに臨んでしまいました。その短時間の見学の中でも、市民病院は先生方や研修医の先輩の雰囲気、コメディカルの人との関係が見て取れるほど良かったです。病院で働く様子が楽しそうでした。この職場だったら、研修が楽しそうだし働きやすそうだなと直感しました。

実際に働いてみて、良かった点は

  1. 医局の雰囲気が良く、親切で指導熱心な先生が多い
    優しく話しやすい先生が多く、手技も色々やらせてくださいます。
  2. コメディカルの方々が人柄が良い
    事務の人も看護師さんも皆優しくて、特に当直ではベテラン看護師さんが忙しい時に助けてくださり、とても頼りになり勉強になります。
  3. 当直明けに帰れる
    当直は寝る間もないほど忙しいことが多いのですが、どの科を回っていても明けは帰れるので集中して当直業務に臨むことができます。実際に働いてみて、当直後帰れるのはとても有難いです。
  4. 当直では研修医がfirst touch
    問診から診察、検査、診断、処方まで研修医が行います。しかし必ず上の先生に上申するためフィードバックが得られるし、2年目の先生も助けてくださるので、とても勉強になるしやり甲斐があります。
  5. 研修医の人柄が良くて仲が良い
    1番良かった点です。研修医の性格が素敵なのはもちろん、北海道から九州まで様々な出身大学の人が集まってくるので大学の壁もなく、色んな刺激を貰えます。先輩も皆気さくで優しく、仕事が早く終わったメンバーでご飯や飲みに行ったりすることもしょっちゅうです。

初期研修先をどこにするかは医者としての今後を考える上でとても大事な問題だとは思うのですが、正直”ここの病院じゃなきゃダメだ”と思って初期研修先を選べる人は少ないと思います。大方の病院で研修したって間違いはないと思います。
何個か研修したい病院があって、その中でもどこか、と思ったとき平塚市民病院が他より上位に思い浮かびました。人の良さ、雰囲気、頑張りたい思いを支えてくれる環境、たまの緩さがこの病院にはあると思います。

ぜひ1度見学に来てみてください。
(高橋 千晶)

初めまして、研修医1年目の遠山瑛里と申します。初期研修が始まって3ヶ月目に入っております。まだまだ分からない事が多く、出来ることも少ないですが、先生方やコメディカルの方々に助けて頂いて、充実した研修をさせていただいております。初期研修先病院をまだ迷っている方に、平塚市民病院の魅了をお伝えしたいと思います。

  • 雰囲気が良い
    これは恐らく他の研修医の先生方みなさん、口を揃えて言っている事なのではないかと思いますが、雰囲気が良いです。研修医の出身大学も多岐に渡り、様々な所から来ているので、臆することなく輪に入っていけます。また上の先生や、コメディカルの方も優しく、困ったことがあれば質問しやすい環境です。
  • ローテーションの自由度が高い
    平塚市民病院では、あらかじめ決められたローテーションのコースを研修医同士で選びますが、殆どの科の変更・移動が可能です。また自由選択の月も7ヶ月と多く、内科・外科・マイナー科も多く揃っているので、将来の選択肢を増やすうえで有意義なローテーションを組みやすいのではないかと思います。
  • 救急が充実している
    ウォークインから3次救急まで基本的に研修医がfirst touchし、問診、診察、必要ならば検査を行い、指導医の先生に上申する形式を取っています。建物を新しくしたこともあり、年々救急車台数も増えているので、様々な症例を経験できます。
  • 当直明けの休みが確保されている
    救急業務が充実している分、夜間眠れないこともあるので、研修医は当直明け休みという認識を共通で持っていてくださり、大変ありがたいです。翌日休みなので、当直に全精力を尽くせます。
  • 都会ではないけども、程よい距離感
    横浜や新宿まで電車で40分~1時間かかりますが、病院の近くにはスーパー、少し足を延ばせば「ららぽーと」もあり、普段の生活をする分には困りません。

他にも細かいところを挙げると長くなってしまうので、ここで終わりにさせていただきます。興味が沸きましたら是非、平塚市民病院に見学にいらしてください。天気が良ければ富士山も見えます。お待ちしております!
(遠山 瑛里)

初期研修医1年目の富田祐輔です。
平塚市民病院で働き始めて、2ヶ月半が経ちました。まだまだ出来ないこと、慣れていないことばかりですが、当院での研修に興味がある学生の皆様にとって少しでも参考になればと思い、今回僕が平塚市民病院を選んだ理由を述べたいと思います。

  1. 救急科研修が充実している
    救急科研修はプログラム上3ヶ月まわることになっています。内科・外科問わず、farst tatchは研修医が行うことになっており、その後上級医からフィードバックをして頂けます。当直は救急科当直ですので、2年間通じて経験を積むことができます。年間約9000例の症例数があるので、研修医が最も成長できる場となっています。
  2. 雰囲気がいい
    研修医室の席が1.2年目ごちゃ混ぜになっており、自然と話しやすい環境になっています。同期はもちろんのこと、1.2年目間も和気あいあいで楽しいです。上級医の先生方は、どんなことでも丁寧に優しく教えてくださるので、研修医のうちにしか聞きにくいような基本的なことも相談しやすいです。また、コメディカルの方々もとても優しく、社会人なりたての自分にも気さくに接してくださります。
  3. 出身大学がバラバラ
    僕自身、地方大学の出身ですが、全国津々浦々の研修医が毎年集まっています。関東圏の大学はもちろんのこと、地方大学の人も全く抵抗なく生活できます。研修医同士で話していても、出身がバラバラだと新鮮でとても楽しいです。
  4. 研修プログラムの自由度が高い
    選択が7ヶ月間あり、自分が志望する科を固めて研修することが可能です。また、研修科の変更もできるので、自分の希望に合わせて自由に研修することができます。

以上です!少しでも興味を持った方は是非一度見学に来てください。勉強の合間に自分にあった病院を見つけるのは、本当に大変なことだと思いますが、皆さんもきっとこの病院の良さが分かると思います。皆さんのお越しをお待ちしています!
(富田 祐輔)

こんにちは、平塚市民病院研修医1年目の福永純也です。
平塚市民病院の良さは他の研修医の先生も紹介してくれているので、少し違った見方から病院の魅力をお伝えできればと思います。

私は初期研修先を考える際、病院の特徴を相対的な基準と絶対的な基準に分けて考えていました。

例えば、平塚市民病院は救急科の研修に力を入れており、絶えず患者さんが搬送される現場で3ヶ月という比較的長い期間研修することができます。私は将来の進路として救急医療に携わる機会は少なそうだと考えていたため、あまり救急科研修にはこだわっていませんでした。しかし逆に言えばこの初期研修の期間でしか救急医療におけるファーストタッチは経験できないとも考え、それも平塚市民病院を志望する理由の1つになりました。

他にも当直が忙しければ経験が積めるが、余裕があれば落ち着いて勉強する時間が増える、志望科が充実していれば3年目以降に繋がるがそうでなくとも初期研修でしか経験しない科で視野を広げられる…などが相対的な基準として挙げられます。

一方、絶対的な基準として病院の雰囲気や研修医の1、2年目間の関係の良さなどがあります。こういったものは良いに越したことはなく、また2年間の研修のクオリティにも大きく関係してくると思います。
その点、平塚市民病院は病院全体で職種関係なく相談がしやすく、また研修医2年目の先輩方も困った時に丁寧に教えてくれる雰囲気があり、安心して日々の研修に臨むことができています。

皆さんも是非見学に来て、病院の良さを感じてもらえればと思います。お待ちしています!
(福永 純也)

こんにちは、研修医1年目の文入悠と申します。平塚市民病院で初期研修医として働き始めて2ヶ月程度が経ちましたが、数々の先生方、コメディカルの方々その他大勢の方に支えられながら日々楽しく充実した研修生活を送っております。数ある当院の魅力の中でも、これは、というものをいくつか紹介させてください。

  1. 先生方が優しく丁寧である
    4月から6月にかけて3つの科を研修致しましたが、どの科でも担当してくださるオーベンの先生はじめ当科の先生方、一緒にローテしている2年目の先輩が優しく丁寧に指導してくださいました。特に当直業務が始まってから最初の数回は、2年目の先輩方が一緒に入ってくださって手取り足取り教えてくださったお陰で、毎回本当に多くのことを学ぶことができました。
  2. 当直を通して多くの経験ができる
    年間9000台を超える救急搬送数は当院の特色の1つでもありますが、当直業務においては研修医が1st touchからアセスメント・プランまで密に関わらせていただけるので、幅広い症例を経験できます。また、毎回上級医に相談することができるので、一回一回の当直において多くの症例数を通して学びを深めることができます。
  3. 当直明けに帰れる
    上述のように充実した当直業務を送った後は、次の日からの通常業務に向けて英気を養うべくしっかり休めるのも魅力の1つです。メリハリをつけて働けるからこそ、大切な時に集中して取り組むことができ、本当に助かっています。

その他、日々支え合えるかけがえのない同期や、尊敬できる一個上の先輩方、勉強のためにかけるお金を惜しまなくて済むような居住環境の補助(月8000円の借り上げマンション)など、数え上げればキリがありません。ですが、百聞は一見にしかず、是非興味を持ってくださった方は見学にお越しください!
お待ちしております!
(文入 悠)

はじめまして、研修医1年目の増沢と申します。
研修が始まって3か月でまだまだ分からないことも多いですが、優しい上級医や同期、看護師さんに支えていただき、毎日楽しく研修しています。
私が当院で研修したいと思った理由や魅力について書かせていただくので、読んでくださっている方の参考に少しでもなればと思います。

  • プログラムの自由度が高い
    専門医制度が変わり、将来の進路を決める時期が以前より早まりました。私は志望科を迷っていて、早い時期に一度興味のある科で研修をし、仕事の雰囲気を感じてみたいと思っていました。
    当院ではそれぞれの進路に合わせてかなりフレキシブルにプログラムを組むことができます。そのため1年目から志望科で研修し、自分に合っているか確認することも可能である点が魅力的でした
  • 病院の雰囲気がいい
    当院の風通し良く明るい雰囲気は、私がこの病院を選んだ大きな理由の一つです。上級医の先生方は優しくて教育熱心な方が多く、分からないことを相談しやすいです。 また働いてみて常々感じますが、日々の業務でお世話になるコメディカルの方々も優しい方が多く、とても仕事のしやすい環境と思います。
  • 救急が充実している
    当直では救急車・ウォークインの対応に研修医が主体となって関わることができます。症例は豊富かつバラエティーに富んでいて、とても力のつく環境であると思います。
    また、見た症例は必ず上級医の先生に相談し、方針を決められるので安心して研修できます。
  • 研修医の声がとどきやすい
    ローテーションや当直などのシステムについて研修医の意見をお伝えすると、汲み取ってくださるのが大変ありがたいと思います。

他にも

  • 当直明けは必ず帰れるので、復習の時間を取ったり生活リズムを整えられる
  • 勉強会・抄読会の機会がある、学会発表もできる
  • 手技を経験させていただく機会に恵まれる
  • 研修医が様々な大学から集まるため刺激を受けられる
  • 病院の建物が新しい

等たくさん魅力があります。

つらつらと書いてしまいましたが、実際に勤務してみて当院はとても働きやすく研修においてバランスのとれた病院と感じています。
興味を持ってくださった方は、ぜひ1度遊びに来てくださると嬉しいです!
(増沢 遥加)

平成30年4月臨床研修医(15期生)から

はじめまして。これから2年間平塚市民病院で研修をさせていただくことになりました伊野遙香と申します。よろしくお願いいたします。
 私自身のマッチングの時期に、先輩方の平塚市民病院を研修先として選んだ理由をこのホームページで読み大変参考になったので、私もそれらについて正直に書いてみようと思います。

  • 雰囲気がよい
    職種に関わらず近い距離で接することができるのはこの病院の規模とスタッフの皆さんの人柄のおかげだと思います。研修の特に最初は本当に何も分からないので周りの人に質問しやすい環境かどうかはとても重要ではないでしょうか。
  • 当直は忙しいけれど翌日帰宅できる
    救急車、ウォークイン共に数が多くとても忙しい日もありますが、2年目の先輩や上の先生にしっかり指導していただけます。またコメディカルの方々も快く教えてくださるのでとてもありがたいです。
  • 居住環境が良い
    研修先を選ぶということはその病院のある土地に2年間住むということなので、そういう観点からもこの病院は素晴らしいと思います。月8000円というリーズナブルな家賃で病院に近い寮に入ることができ、駅にもすぐに行けて便利な環境です。
  • 同期のバランスが良い
    好みの問題ですが私は募集人数10人前後が良いと思っていたのでこの病院はぴったり希望通りでした。またマッチングが終わって蓋を開けてみると同期の出身地や出身大学がバラバラでそれもまた私の希望に合っていました。
  • 毎週木曜日の抄読会
    自分の興味のある英語の論文を読んで、分かりやすく参加者に伝える良い練習になります。参加者は研修医だけではなく、発表内容に関連する科の先生方が参加してくださるとさらに深い知識を得られとても有意義です。
  • 木曜クルズス
    各科の先生方が今日の当直で使える知識や手技から今ホットな話題まで幅広いテーマで講義をしてくださいます。テーマによっては実際に練習する時間もあって、マッチングの時に想像していたよりもあってよかったと感じるものの1つです。

(伊野 遙香)

研修医1年目金谷孔明です。
 今年度から平塚市民病院で2年間初期研修をさせていただく事になりました。まだ働き始めて2ヶ月程度ですが、市民病院のおすすめポイントを紹介したいと思います。

  • 綺麗な病棟
    新棟が平成28年に完成したばかりで綺麗な病院です。救急センターも新棟にあり当直などでとても働きやすい環境にあります。
  • 頼りになるコメディカルの方々
    看護師さんをはじめコメディカルの方々がとても優しくいろいろなことを教えてくださいます。また大きな病院ではないためコメディカルの方との距離感も近く働きやすさを感じています。
  • 平塚の住みやすさ
    平塚にはららぽーとをはじめとしたたくさんのお店があり、スーパーやコンビニも近くにあるためとても生活しやすいです。住む前は病院が駅から離れていることが気になっていましたが、住んでみると駅までのバスの本数がとても多く気軽に平塚駅や都心にアクセスできることを知りました。
    とても良い病院なのでぜひ見学にいらしてください。

(金谷 孔明)

初めまして。研修医1年目の鴨川美咲です。周りの先生方やコメディカルの方々、頼りになる同期の皆に助けていただきながら毎日充実した研修をさせてもらってます。
 私が平塚市民病院を選んだ理由はいくつかあります。病院の雰囲気が明るく、教育熱心な先生方が多くいらっしゃること、研修医が発表する場が定期的にあること、救急科をしっかり学べること、志望科があること、などです。また、私は秋田大学出身、地元も群馬県と、平塚とは縁もゆかりもありませんが、地元でもなく出身大学でもない知らない地を自分で選びそこで働くということは今の自分にとって貴重な経験ができるのではないか、と思いここを選びました。様々な大学で学んできた同期がいる環境で刺激を受けながら学ばせてもらえるのはとても貴重な体験だと思います。ぜひ一度平塚市民病院に見学にいらしてください。一緒に勉強しましょう。お待ちしています。
(鴨川 美咲)

はじめまして、研修医1年目の柴川未来と申します。初期研修がスタートして約2ヶ月が経ちました。まだまだ不慣れなことばかりですが、指導医の先生やコメディカルの方々、先輩や同期に支えられながら充実した日々を過ごしています。
 私がこの2ヶ月で特に印象強く感じている平塚市民病院の魅力を以下に挙げたいと思います。

  1. 救急外来当直でfirst touchができる。
    自分で考えそして身体を動かせ!のスタイル。しかし必ず指導医の先生が全ての症例でご指導してくださるため安心して当直に望めます。また、年間救急車受け入れ台数も8000件を越えており、ウォークインから3次対応まで様々な症例に触れ、経験を積むことができます。
  2. 出身大学がバラエティに富んでいる。
    私は大学生活も含めて24年間山口で過ごしたため、縁もゆかりもない平塚で新しいスタートを切ることに少し不安もありましたが、蓋を開けてみれば全国各地様々な大学から初期研修医が集まっており、非常に和気あいあいとした雰囲気で研修生活を送ることができています。研修医の数も10人前後と、個人的には非常にバランスいい数ではないかと感じています。
  3. 自由度の高いプログラム、そして研修医の自主性を尊重してもらえる環境。
    平塚市民病院の研修プログラムは自由選択期間が長く、途中でローテーションの順番を変更することもできます。それぞれの興味や進路に合わせてフレキシブルにプログラムを組める点が非常に魅力的です。また、指導熱心な先生が多く、自分自身のやる気次第で様々な手技にトライすることも可能です。
  4. 海に近い。そして都内まで電車1本でアクセス可能。
    休日には湘南の海でマリンスポーツを楽しんだり、都内に電車1本で出かけることができます。日々の業務や勉強だけではなく、気分転換に充実したプライベートを過ごせる環境が平塚にはあります。

興味を持ってくださった方々には実際に平塚市民病院の雰囲気を肌で感じていただきたいです。是非一度遊びに来てください。全国からお待ちしております。
(柴川 未来)

研修医1年目の忽滑谷智紀と申します。
 私は慶應義塾大学病院の地域循環コース(たすき掛け)で1年目に平塚市民病院、2年目に慶應義塾大学病院で研修することになっています。平塚市民病院での研修がはじまり2ヶ月ほどですが、優しく教育熱心な先生方のご指導の下、日々充実した研修をさせていただいています。
 今年はたすき掛けが1人だけで始めは不安でしたが、同期も2年目の先輩方も接しやすい方ばかりで、明るく優しい雰囲気の中で楽しく研修させていただいています。
この2ヶ月間で感じたことは、まず手技をやる機会がたくさんあることです。大学病院では中々できない手技も経験でき、指導医の先生方や2年目の先輩方からフィードバックを頂けます。また当直では研修医がファーストタッチで対応することも平塚市民病院の特徴です。指導医の先生方と相談しながら、common diseaseを中心に研修医が主体的に診療することができます。
他にも、週1回クルズスと研修医抄読会があり勉強する機会もあります。自分で勉強する時間や休日も確保でき、メリハリのついた研修ができると思います。
私は1年間だけですが、実際に平塚市民病院で研修してみて研修2年間もたすき掛けの病院としてもおすすめです。1度見学にいらしてみてください。

(忽滑谷 智紀)

研修医1年目の野田和沙と申します。私は平塚生まれ平塚育ちで以前から平塚市民病院に興味を持っていました。ですが「地元の病院だから」と選んだわけではなく他の病院にはない平塚市民病院の魅力にひかれこちらでの研修を志望しました。二ヶ月間実際に研修してみてよかった点について紹介していきたいと思います。

  • 雰囲気が良い
    とにかく人が良いです。研修医は科ごとに一人の上級医につきますが、教育熱心な方が多く丁寧な指導をしてくださいます。手技も経験させてくださる機会が多く、やりがいを持って研修に臨むことができます。コメディカルの方々もとんちんかんな私たちに対してフレンドリーに接してくださいます。去年から病院も生まれ変わって綺麗ですし、挨拶の溢れたとっても気持ちの良い病院でした。
  • 救急科が充実している
    基本、救急科ローテーションは三ヶ月、当直は救急科当直です。研修医1年目からウォークイン、救急車のファーストタッチをさせてもらうので、力になると思います。ファーストタッチの流れは問診→診察→採血、点滴などの処置→検査→検査結果を踏まえて上級医にコンサルト、になっています。
  • 毎週クルズス、抄読会がある
    毎週木曜日17:30から一時間研修医による抄読会(必ず30分で終わり)18時から先生によるクルズスがあります。市中病院は大学病院に比べるとカンファレンスも短いですし発表に不慣れなどと言われますが、抄読会以外にも希望すれば学会発表にも参加さていただけるのでアカデミックな部分も充実していると思います。
  • 当直明け帰れる
  • 当直室綺麗
  • 医局の母と呼ばれる事務の方が研修医のお世話をしてくださる

平塚市民病院のよいところをあげましたが、平塚自体もとってもいいところです。都会でも田舎でもありませんが、”ちょうどよい”居心地のよい町です。海は近いですし山もあります。最近はららぽーともできて商業化も進んでいます。
何より研修医がとってもいい人たちです。平塚市民病院はもちろんですが是非自慢の同期、先輩方に会いに見学に来てください。お会いできるのを楽しみにしています!
(野田 和沙)

初めまして、研修医1年目の平田愛依です。初期研修が始まってほぼ2か月が経とうとしています。できないことばかりで戸惑うことも多々ありますが、充実した研修生活を送っています。私がこの病院を研修先として選んだ理由をいくつか挙げたいと思います。

  • 病院見学の際に、研修医の先生方に活気があり、指導医の先生方が優しく熱心に指導されていて、雰囲気がとても良かった。
  • 研修医の先生方の出身大学が様々で偏りがないので、個性豊かで周りから刺激をもらえそうだと感じた。
  • 人数が10人と丁度良い。
  • 新棟ができて、病院内の雰囲気が明るい。
    2か月の研修を行ってみて自分が感じていた魅力に間違いはなかったと実感しています。

さらに、実際に働いてみて感じたことは、

  • 指導医の先生方だけでなく、コメディカルの方々にも親切にアドバイスを頂けることが多い。
  • 当直明けが休みであり、当直に集中することができ、気になったことの復習や生活リズムを整えることができる。
  • 立地面では駅から少し離れているが、バスの本数が多いので困ることはなく、東京まで1時間、横浜まで30分と丁度いい。

まだまだ当院の魅力はたくさんあるので、ぜひ1度見学にいらしてください!
(平田 愛依)

研修医1年目の室井貴子です。
 平塚市民病院のホームページを拝見して下さってありがとうございます。まだ2か月程しか勤務していませんが、それでも平塚市民をお勧めしたい点は沢山ありますので少し紹介させて頂きます。

  1. 雰囲気/風通しの良さ
  2. 勤務体制
  3. 立地については個人的にはとてもお勧めできます。
  4. 働いていると、上級医、診療科、職種関係なく、研修医が他職種の方々に質問したりコミュニケーションをとったりする機会が多々あります。当院では研修医用のスペースがあり、プライバシーを尊重してもらえる一方で、医局と隣接しており、先生方に質問しやすい雰囲気があります。まだまだ分からない事が沢山ある中で、他職種の方々にも質問しやすい環境が整っている点は当院の特徴だと思います。
  5. 当院の研修医の場合、当直の次の日は休めます。まだ働いていない時期にこのように言われてもピンとこないかもしれませんが、“休める時に休ませてもらえる“という点は病院を選ぶうえでかなり重要だと思います。
  6. 海と山に囲まれており東京からも1時間程の立地は、スポーツをしたい人にも買い物をしたい人にも良い立地だと思います。また、先生方もスポーツ好きな方が多く、みんなでサーフィンにいったりゴルフをしたりする方もいたりと和気あいあいとした雰囲気があります。

他にも魅力は沢山ありますので、どうぞご自分の肌で当院の風を感じに来てください。そして、1年前の私と同じように、この病院に興味を持っている学生の方が、当院の研修医として一緒に働ける日を楽しみにしています。
(室井 貴子)

平成29年4月臨床研修医(14期生)から

こんにちは。研修医1年目の五十嵐大二と申します。初期臨床研修が始まってあっという間に約2ヶ月が経ちました。周りに支えられながら、充実した研修生活を送らせていただいております。みなさんは国家試験対策や実習の合間を縫って、研修医として2年間を過ごす病院を一生懸命探されていることと思います。他の病院と比較することはできないのですが、私が感じる平塚市民病院の魅力を伝えようと思います。
この病院で特徴的なのは、やはり救急当直です。平塚市民病院では、2年間を通して救急当直が毎月4回程あります。特徴としては、全ての救急患者さんに研修医がファーストタッチで対応し、そして当直されている上級医の先生に必ず相談できる、という点です。
もちろん研修内容以外の面でも魅力があります。平塚市民病院は海まで自転車で近いのでマリンレジャーが充実しており、サーフィンや海釣りが好きな人にはオススメです。
他にも病院の雰囲気や魅力など実際に見てみないと分からない部分が大きいと思うので、興味を持ってくれた方はまず一度病院見学に来ましょう。お待ちしております。
(五十嵐 大二)

はじめまして、研修医1年目の植木有理子と申します。
 平塚市民病院で研修医として働きだして、はや2ヶ月が経ちました。まだわからない事も多いですが、先生方にご指導頂き充実した研修生活を送っています。
 私が平塚市民病院を研修先として選んだのは、見学に来た際に先生方がとても親切で雰囲気が良かったからです。実際に研修生活を送ってみて平塚市民病院で働けて良かった点をいくつか挙げたいと思います。

  • 総合医局なのでたくさんの先生方と顔を合わせる機会が多く、気軽に相談しやすい。
  • 先生方が非常に教育熱心であり、たくさんの手技に挑戦できる。
  • 毎週クルズスと抄読会があり、勉強になる。
  • 救急外来当直ではfirst touchができ、必ず上級医の先生が確認して下さる。
  • 当直翌日は帰れるため、当直中は翌日の事を心配せずに精一杯頑張れる。
  • 新棟がオープンしたばかりで病院がきれいである。
  • 研修医の出身大学が様々であり、首都圏以外の大学出身者も多い。
  • 都会にありながらも、空気がきれいで湘南の海を満喫できる。

このホームページをみて、平塚市民病院の研修に興味を持った方はぜひ見学にいらして下さい。病院の良さを感じることができると思います。皆様の見学をお待ちしております。
(植木 有理子)

研修医1年目の上地です。
平塚市民病院で2年間初期研修をさせていただく事になりました
まだ働き始めて2ヶ月程度ですが、市民病院のおすすめポイントを紹介したいと思います。

  • 雰囲気がよい
    研修医は知らないことの方が多いと思いますが、自分で調べても解決できない疑問や実務に関わることなどを上級医の先生にも質問しやすい環境だと思います。また、コメディカルの皆さんとも距離が近く優しく教えてくれます。
  • 救急が充実している。
    新しくなった救急救命センターは綺麗で広くいい環境で働く事ができます。また症例数が多く、研修医が関われる範囲が非常に広いと思います。当直でも必ず上級医の先生が確認して頂けるので安心して臨めます。
  • 新棟が綺麗
    新棟が平成28年からオープンしているのでぴかぴかの病院で働く事ができます。天気のいい日は富士山が見えます。
  • 週に1度のクルズスと研修医抄読会
    クルズスと抄読会の参加は病院全体で周知していただいているので勉強の機会を確保できる。自分で勉強することも大切ですが、クルズスで直接先生から指導を受けたり、抄読会で発表や質問の仕方を学ぶことができます。

まだまだ、お薦めポイントは沢山ありますが残りは他の研修医に譲るとしてこの辺りにしておきます。見学に来た際にはさらに詳しくお話できると思いますので是非1度見学にいらして下さい。
(上地 大樹)

はじめまして。この度平塚市民病院で2年間研修をさせていただくことになりました重盛波留子と申します。よろしくお願いいたします。
わたしは、実家が近いという何気ない理由でマッチングの際にこの病院を見学させていただきました。見学してみると病院全体の雰囲気がとても良く、研修医の方々が充実した研修医生活を送っていらっしゃる姿をみてこの病院での研修を希望しました。
働きはじめて数ヶ月ですが、上級医の先生方との距離感が近いことや、コメディカルの方々が頼もしく様々なことを教えてくださることがこの病院の素晴らしいことだと実感しています。
また2年生の先生方が、常にわたしたち1年生のことを気にかけてくださり、病棟でわからないことや、不安な手技を行う際は近くでご指導くださったり、とても頼りになります。わたしも来年頼もしい2年目となれるよう精進して参ります。
先日、上級医の先生から、「この2年間は常に自分が成長していることを実感できる2年間だ」という言葉をかけていただきました。平塚市民病院はその言葉をより実感できる病院だとわたし自身も感じている毎日です。
ぜひ一度見学にいらしてください!おまちしています!
(重盛 波留子)

こんにちは。研修医1年目の鈴木将平と申します。このたび、平塚市民病院で2年間初期研修をさせていただくことになりました。何卒よろしくお願い申しあげます。
研修が始まり早2か月が経過しようとしていますが、この2か月で僕が感じた平塚市民病院の良さについてお伝えしたいと思います。

  1. 先生との距離が近い
    →医局では机が近く、和気あいあいとした雰囲気で気軽に相談をすることができます。日常業務のわからないことや抗菌薬の使い方、たわいもない個人的な相談事まで、科や年数の垣根を越えてとても良い雰囲気の中で過ごすことができます。
  2. 看護師さんとの距離が近い
    →病棟でわからないことや困っていることがあるといつも相談に乗っていただける、ありがたい存在です。看護師さんだけでなくすべてのスタッフが明るく仲が良いのが平塚市民病院の特徴かと思います。
  3. 都心までの距離が近い
    →横浜も品川も渋谷も新宿も乗り換えなしの1本で行くことができ、週末はたびたび都内で遊んでいます。オンオフがはっきりしているのも、平塚市民病院のいいところではないでしょうか。
  4. 海までの距離が近い
    →湘南の海まで自転車でたったの10分で行ける最高の立地です。仕事後に海沿いを自転車で走ると最高の気分を味わうことができます!!

まだたったの2か月ですが、とても充実した環境の中で研修をすることができており僕はとても満足しています。ぜひ一度見学にいらして良さを感じてみてください。
(鈴木 将平)

こんにちは。平塚市民病院初期研修医1年目の髙岡由梨子です。研修が始まって早2ヶ月弱が経ちます。先生方、コメディカルの方々、職員の方々、同期に支えられながら、充実した毎日を送ることが出来ています。

【平塚市民病院を初期研修先として選んだ理由】

  • 生後2ヶ月で平塚市に引っ越してきてから高校卒業まで平塚市で育ち、平塚市の学校に通っていました。幼い頃に平塚市民病院に何度かお世話になり、先生方が親身になって診てくださいました。自分も少しでも地域に恩返しできればと思うようになったからです。
  • 平塚市の医療の中核を担っていて、common diseaseを中心に様々な疾患の患者さんを診させていただけるためです。
  • 都心からそれほど遠くないからです。私は大学1年生と6年生の時には平塚市から毎日都内の大学に通学していました。

【実際に研修を始めて感じていること】

  • 患者さんが多く、研修はとても実践的で、勉強になります。
  • Common diseaseの患者さんを中心に、多種多様な疾患の患者さんを診させていただけます。
  • 教育熱心な先生方が多いです。
  • ベテランの先生方から研修医の先生方まで、先生方の机が医局という部屋にあるので、顔を合わせる機会が多いです。
  • 先生方と話しやすい雰囲気であることが多く、ローテートしている診療科の指導医の先生のみならず、他科コンサルトなどを通して、他の診療科の先生からも色々なことを教えていただくことが出来ます。
  • コメディカルの方々、職員の方々にも毎日とてもお世話になっています。
  • 毎月4回ほど救急当直があり、first touchを担当させいただきます。上級医の先生が必ず確認してくださいます。
  • 研修医が発表する抄読会がほぼ毎週木曜日にあります。論文に関連する診療科の先生が出席してくださることが多く、専門的なご意見も伺うことが出来ます。
  • 毎週木曜日に、主に初期研修医1年目を対象としたクルズスがあります。大変勉強になります。
  • 新棟がきれいです。
  • 新棟付近のWi-Fi環境が整っています。
  • 朝早くから夜遅くまで病院にいる時はいる、休む時は休む、というメリハリのついた研修ができていると思います。

是非見学にいらしてください。お待ちしております!
(髙岡 由梨子)

はじめまして、研修医1年目の武田和真です。
このホームページをご覧になった医学生の方の研修病院選びのお役に立てるような情報を提供できればと思います。
僕は大阪大学出身で平塚市民病院には縁もゆかりもないですが、現在ここで働いています。
病院を選んだ理由の一番は海が近いからなのですが、この文章で伝えたいこととしましてはこの病院で研修医として働くことができてよかったなということです。
人生一度きりの初期研修、みなさん出来るだけ勉強になって、楽しく過ごせる病院を探していることと思います。
僕はどこで研修しても正直研修医としての業務はあまり変わらないと思い、同期の人数・病院の規模・海からの近さ・雰囲気・当直明け休みを基準に選びました。
すべての点で平塚市民病院はドンピシャだったので選びました。

  • 同期の人数→9人とちょうどいい、多すぎるのも少なすぎるのも嫌。感じのいい人が採用されている傾向あり。みんないい人。
  • 病院の規模→400床くらいとちょうどいい。でかすぎると知らない人いっぱいで名前すら覚えてもらえなさそう。
  • 海→チャリ10分。仕事前に海に行ける。
  • 雰囲気→みんな優しい。
  • 当直明け休み→このおかげで平日にフリータイムあり。また当直に全精力を注げる。当直の復習を明けの日にできる。

他の病院を知らないので何とも言えませんが、平塚市民病院は研修医にとっていい環境だと思います。みなさん是非平塚市民病院へ。
(武田 和真)

研修医1年目の内藤可奈子と申します。
平塚市民病院での初期研修がスタートしてから2か月が経ち、まだまだできないことばかりですが丁寧にご指導くださる先生方と気の許せる同期に恵まれ充実した生活を送っています。
私がこの病院を選んだ理由と実際に研修が始まって感じたことを簡単にお伝えしたいと思います。

【この病院を選んだ理由】

  • 雰囲気の良さ
    これが私が平塚市民病院を選んだ最も大きな理由です。見学の際にとても居心地がよく、自分に合っていると感じました。
  • 先生方が教育熱心
    見学の際に先生方と研修医の距離が近く、親身になってご指導なさっているということがよく伝わってきたのが印象的でした。
  • 市中病院でありながらアカデミックな面もある
    市中病院では大学病院に比べてアカデミックな活動が少ないイメージがあったので、毎週抄読会やクルズスが行われている点が魅力的でした。
  • 寮の家賃が8000円ととてもリーズナブル
  • 建て替えたばかりで病院がきれい

【研修が始まって感じたこと】

  • 診療科や職種を超えて仲が良い
    いくつかの科の先生方と一緒にお食事をする機会があったり、コメディカルの方々がとてもフレンドリーに接してくださったりと、病院全体の雰囲気がとても良いと感じています。
  • 当直で診察や手技のスキルを向上させることができる
    当直では救急車、ウォークインどちらも研修医がファーストタッチをするので、日々様々な症例で経験を積むことができます。

実際に来てみるとより平塚市民病院の良さが伝わると思います。興味を持ってくださった方はぜひ見学にいらしてください!お待ちしています!
(内藤 可奈子)

4月1日より平塚市民病院でお世話になっている、臨床研修医1年目の松田陽介です。
私がこの病院を研修先として選んだ理由は、平塚市で育ち、この町が好きなので、そんな地元の病院で研修をしてみたいと思ったからです。
平塚という町は丹沢山系と相模湾に囲まれた風光明媚な所で日本三大七夕まつりの1つに数えられる七夕まつりや湘南の海沿いで行われる花火大会など、行事にあふれています。電車や車で東京まで1時間、横浜まで30分と交通の便にも恵まれた非常に素敵な町です。
平塚市民病院も本当に良い所で、上級医の先生との距離が非常に近いので、例えば、当直で救急車、ウォークインのファーストタッチは研修医が行うのですが、診断に迷う症例とかもあるのですが、その時に相談しやすく、診察や処置のアドバイスもいただけたりするので、実践力が身につきます。
抄読会や症例発表、勉強会も精力的に行われているのでアカデミックに学ぶこともできます。
そんな素敵な町にある平塚市民病院にぜひ、一度、見学にいらしてください。
(松田 陽介)


臨床研修医募集

臨床研修医募集要項

令和4年度の初期臨床研修医募集要項です。

Detail
病院見学会について

病院見学の募集は締め切りました。

Detail
初期臨床研修プログラム 目的・特徴

豊富な症例と指導医の充実。医局も病院スタッフも和を重視しています。

Detail
初期臨床研修プログラム紹介動画

豊富な症例と指導医の充実。医局も病院スタッフも和を重視しています。

Detail
臨床研修病院としてのあり方

当院の臨床研修の理念、基本方針、研修病院としての役割・機能。

Detail
先輩による病院紹介、この病院を選んだ理由

先輩の臨床研修医からのメッセージです。

Detail
臨床研修医業績集

臨床研修医の学会発表、刊行論文の紹介。

Detail
臨床研修病院年次報告

医師法に規定する臨床研修に関する省令に基づく報告。

Detail