ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

診療科のご案内

神経内科

部長
田川 朝子

神経内科は、脳から脊髄、筋肉、末梢神経までの神経系統に発症する疾患を、幅広く診療する科です。
MRI、CTや3D-CTなどの画像検査、頸動脈超音波検査、末梢神経伝導速度や針筋電図などの電気生理学的検査、筋生検などの検査を適宜行い、迅速な診断と治療を行うことを重視しています。
患者様とご家族に十分で丁寧なご説明をおこなうことを常に心がけており、治療に際してのインフォームドコンセントを重視しています。

実績 平成29年度

診療内容

症状としては、頭痛、めまい、手足の麻痺やしびれ、歩行障害、言語の障害、視野障害、手足のふるえ、痙攣、認知症などが診療の対象です。

  • 脳血管障害:脳梗塞の急性期治療を行い、脳神経外科、リハビリテーション科とともにチームとして診療にあたっています。さらに地域連携パスを使用して回復期リハビリテーション施設との円滑な連携を図っています。
  • 当科では、免疫系神経疾患の診療に重点をおいており、多発性硬化症と視神経脊髄炎関連疾患の専門外来を開設しています。この疾患は若年の方に多く、早期の診断にも力を入れており、急性期の入院治療では、病態に応じてステロイドパルス治療、免疫グロブリン静注療法、血液浄化療法などの専門的な治療を行っています。さらに、長期的な薬物治療や外来リハビリテーションまで、患者さんのニーズに対応したきめ細かい診療を提供するよう、努めています。そのほかにも、重症筋無力症や慢性炎症性脱髄性多発根神経炎などの診療を行っています。
  • 神経変性疾患:パーキンソン病、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病や前頭側頭型認知症などの認知症をきたす疾患の診療を行っています。
  • 髄膜炎や髄膜脳炎、ギランバレー症候群、筋炎などの疾患についても入院精査治療を行っています。

スタッフ

部長
H4年卒

田川 朝子

(資格)
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
医学博士
(専門分野)
免疫系神経疾患、神経内科全般