ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

平塚市民病院は地域の皆さまの健康と安らぎのお手伝いをいたします。

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

内科(腎臓・内分泌・高血圧内科・一般内科)

診療方針

内科部長 今福 俊夫今福 俊夫部長
高度先進医療機器(CTスキャン、核磁気共鳴断層撮影MRI、IVR-CT、選択的血管造影、アイソトープ診断など)を駆使した迅速な診断と、チーム医療による治療の選択肢を提示し、皆様のニーズに合った最良の治療を行います。

地域の中核病院としての立場から、病診連携(病院と診療所の連携)により、市内等医師会の会員である開業の先生方からの初診の予約や検査の予約を受け付けています。予約日にはカルテを準備して、予約時間に受診できるよう、お待ちしております。再診外来は予約制をとり、待ち時間の短縮を図っています。

地域の中核病院としてばかりでなく、次世代の有能な医師を教育する場でもあります。

厚生労働省の臨床研修指定病院、および日本内科学会、日本内分泌学会、日本腎臓学会、日本高血圧学会の教育病院、日本透析医学会教育関連施設に認定されており、慶應義塾大学医学部附属病院の卒後教育や、慶應義塾大学医学部学生の臨床教育実習(クリニカル・クラークシップ)にも参画しています。

慶應義塾大学医学部内科、東京女子医科大学高血圧・内分泌内科から人事面の支援をいただいています。

診療内容

【腎疾患】

慢性糸球体腎炎・ネフローゼ症候群などには、診断に必要な腎生検や、免疫抑制剤を含めた治療
急速進行性糸球体腎炎には、副腎皮質ホルモン製剤と免疫抑制薬、症例に応じ血漿交換療法の追加
慢性腎臓病には、栄養士、看護師、薬剤師と患者教育にあたるチーム医療
血液透析の導入(緊急血液透析にも随時対応)
重症多臓器不全(他科、臨床工学技師ME、看護部とのチーム医療)
CHDF(持続血液濾過透析)・エンドトキシン吸着療法・血漿交換療法・LDL吸着療法といった各種血液浄化療法

【糖尿病】

糖尿病教育入院(看護部、栄養科、薬局、リハビリテーション科とのチームワーク医療)
糖尿病について3日の短期コースと1週間のコースで学習、食事・運動療法の指導を行い、合併症の検査・治療を平行して進めていきます。
外来インスリン導入、外来糖尿病教室
看護師、管理栄養士とチームを組んで糖尿病透析予防指導

【内分泌疾患】

副腎疾患:原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎偶発腫瘍
近年診断頻度が増加している原発性アルドステロン症が疑われる症例に対しては、外来でカプトプリル負荷試験、フロセミド立位負荷試験行い、確定診断を行っています。手術療法を検討される患者様には、副腎静脈採血を行い手術適応を決定します。手術療法の適応となる場合は、当院泌尿器科で腹腔鏡下副腎摘出術を施行しています。また、手術適応がない場合は、当科において内科的治療を行います。
甲状腺:バセドウ病、橋本病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、甲状腺腫瘍
副甲状腺:原発性副甲状腺機能亢進症、低下症
下垂体疾患:先端巨大症、クッシング病、下垂体機能低下症

スタッフ

今福 俊夫
部長
兼臨床検査科部長
S56年卒
(資格)
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会認定専門医・指導医
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医・指導医
日本透析医学会認定専門医・指導医・評議員
日本高血圧学会認定指導医
身体障害者福祉法指定医・腎臓機能障害
日本医師会認定産業医
医学博士
(専門分野)
腎・高血圧・内分泌
飯ヶ谷 嘉門
医長
H12年卒
(資格)
日本内科学会認定医
身体障害者福祉法指定医・腎臓機能障害
日本腎臓学会認定専門医
医学博士
(専門分野)
腎・高血圧
吉村 公一郎
医長
H15年卒
(資格)
日本内科学会認定医
(専門分野)
内分泌・高血圧
侯 金成
医長
H14年卒
(資格)
日本内科学会認定医
(専門分野)
糖尿病
唐澤 隆明
医長
H14年卒
(資格)
(専門分野)
内科全般
瀧本 洋一
医師
H23年卒
(資格)
(専門分野)
内科全般