ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

診療科のご案内

形成外科

治療の必要性、治療後の経過について理解が得られるように説明します。
必要に応じて他科の医師とも連携を取りながら治療を進めていきます。
また慶應病院形成外科とも連携を取りながら高度な医療も提供していきます。

当科では睫毛(まつ毛)貧毛症治療薬であるグラッシュビスタ外用液剤(保険外診療)をお取り扱いしています。詳しくはお問い合わせください。

診療内容

  • 外傷
    顔の骨折、やけどなど
  • 先天異常
    手足の先天奇形、副耳、耳瘻孔、いちご状血管腫など。治療に高度の専門性を要する疾患は専門病院に紹介させて頂いています。
  • 腫瘍
    皮膚の表面や皮膚の下にできた腫瘍の切除を行います。悪性のもの、切除後広範囲の皮膚欠損が生じるものは、植皮や皮弁による再建を行います。
  • その他
    ○リンパ浮腫:リンパ管の閉塞や生まれつきのリンパ管機能の低下などでおこるむくみです。多くは乳癌や子宮癌の手術でリンパ節を切除することで起こります。以前は検査法も確立できていない状態でしたが、近年大きく発展した分野です。詳しくは下記の特に力を入れている疾患で説明させて頂きます。

    ○眼瞼下垂:先天性やその他の特殊なケースを除けば、まぶたを上げる筋肉の力を上手く伝えられなくなることが原因です。当科では病態に応じて手術法を選択しています。

    ○乳房再建:当院乳腺外科、慶應病院形成外科と連携しながら適切な方法を提示させて頂いています。当院で乳癌の手術をしていない場合でも対応させて頂いています。

    ○顔面神経麻痺:発症後1年以上経過して麻痺が残った状態(陳旧性)の顔面神経麻痺の治療を行っています。

    ○足のキズ:糖尿病や閉塞性動脈硬化症などで足先が壊死したり、潰瘍ができてしまうことがあります。当院血管外科、放射線科と協力して治療を行っています。またキズができる前の症状として足の痺れや痛みがある場合があります。整形外科領域の疾患と鑑別が難しい場合がありますが、早期発見が重要な疾患なので、そのような症状がある場合は一度御相談下さい。

主な診療の料金一覧(平成26年4月1日から)

※料 金 : 初診料 (4,230円)又は再診料(1,090円)のほかに次の処置料がかかります。

項目 内容 診療費
ほくろ
※1
※2
炭酸ガス(CO2)
レーザー治療
直径 2mmまで(1回) 2,160円
以降+1mmごと(1回) 1,080円
しみ 軟膏
(妊娠中の方はお受けできません。)
プラスリストア ナノHQクリーム 3,240円
トレチノイン 3,240円
プラスリストアUVローション 3,020円
ピアス
※3
耳たぶピアス穴あけ
(ピアスのみの販売はしておりません。)
1箇所 4,110円
2箇所 6,170円
持込ピアス1箇所ごと 3,600円
巻き爪 矯正〔ワイヤー〕 ワイヤー取り付け1箇所(ワイヤー代別途) 3,240円
ワイヤー 3,900円

※1 レーザー治療は、治療前に感染症検査料(6,825円)などが別途かかります。
※2 その他、軟膏代等が別途かかることがあります。
   (一例)直径2mmのほくろの場合:初診時11,000円程度 + 治療時4,000円程度
※3 20歳未満の方は保護者の同意が必要となります。
   18歳未満または高校生以下の学生の方には行っておりません。詳細は受診前にお問い合わせください。

スタッフ

医師

鈴木 彩馨

(資格)
(専門分野)