ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

当院について

基幹型臨床研修病院としての役割

基幹型臨床研修病院とは

臨床研修とは、医学部を卒業した後に行われる初期研修をいい、平成16年の医師法改正により、2年以上の臨床研修を実施することが義務付けられました。医師としての基本的な知識・手技などはこの期間に習得されるため、 医師の教育において特に重要となっています。
平塚市民病院は基幹型臨床研修病院として平成16年4月に厚生労働大臣から指定を受け毎年研修医を受け入れております。
基幹型臨床研修病院として、協力型臨床病院(精神科病院)と研修協力施設(休日・夜間急患診療所、在宅療養支援診療所)と協力して、優れた研修医をはぐくむために熱心に臨床教育を行っております。

患者さまへのお願い
平塚市民病院は、医師や看護師などの育成に積極的に取り組んでおります。
臨床研修医をはじめ、実習生を受け入れており診療や検査時に研修生や実習生の同席をお願いすることがございます。何卒、趣旨をご理解頂き、皆様のご協力をお願いいたします。

医療職の教育・研修病院ページ

臨床研修評価を認定(更新取得)

平塚市民病院では、平成24年8月にNPO法人卒後臨床研修機構による臨床研修評価の認定を受けましたが、今回その認定期間が満了する事に伴い、平成26年11月に臨床研修評価の更新審査を受審し、平成26年12月に認定証が交付されました。

平塚市民病院では、今後も基幹型臨床研修病院として、医療の発展に寄与するとともに、更なる研修体制の充実を図って参ります。

認定証

【臨床研修評価とは】

臨床研修評価とは、臨床研修医が行う臨床研修プログラムなどが、適切に実施されているかどうかを評価する仕組みです。

評価調査者(サーベイヤー)が中立・公平な立場にたって、所定の評価項目に沿って病院の研修状況を評価します。

臨床研修評価の受審の結果、一定の水準を満たしていると認められた病院が「認定病院」として認定を受けます。