各部門のご紹介

0463-32-0015(代表)
※お間違えのないようお願いします

休診日: 土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

診療科のご案内 外来担当表・休診情報 出産をお考えの方へ

臨床工学科

業務内容

臨床業務

血液浄化業務

代表的な血液浄化療法として人工透析療法があります。腎臓機能低下時は、体内の老廃物等を体外に排出することが出来ません。人工透析療法は、この老廃物等を人工透析装置を介して身体の外に出す治療で、腎臓の働きを代行します。このほかに血漿交換療法や顆粒球吸着療法、持続緩徐式血液濾過療法(CHDF)等があり、これらの治療のための装置の操作を臨床工学技士が行います。

臨床業務 血液浄化業務
CHDF
人工心肺業務

人工心肺装置は、心臓や大血管の手術時や重症の循環不全時の体外循環による治療(V-A ECMO・IABP)や重症の呼吸不全時の体外循環による治療(V-V ECMO)時に、心臓(血液の循環)や肺臓(血液の酸素化)の働きを代行します。この装置の操作を臨床工学技士が行います。この技術の認定資格が、体外循環技術認定士です。

臨床業務 人工心肺業務

ECMO
心臓カテーテル検査業務

心臓の検査あるいは治療の実施時には、心電図や血圧などのバイタルサインを監視・測定し記録を行います。この時に使用する装置を臨床用ポリグラフといいます。この装置の操作を臨床工学技士が行います。また、IVUSやFFR等の操作介助も行っています。

臨床業務 心臓カテーテル検査業務
心臓カテーテル検査
不整脈治療業務

心臓ペースメーカー(ペースメーカーやIDC、CRT-D)は、心臓に電気刺激を送ることで心臓を拍動させ、ある一定以上の脈拍を保つための医療機器です。この電気刺激を心筋に伝えるリード線を適切な位置に導く装置をアナライザーといいます。
また、埋め込み後は定期的に動作確認を行います。この動作確認のための装置をプログラマーといいます。アナライザーやプログラマーの操作を臨床工学技士が行います。最近では、更なる治療のために遠隔モニタリングを実施しています。

臨床業務 心臓ペースメーカー業務
心臓ペースメーカー本体と同手帳
心臓ペースメーカー
手術室業務

安全・安心な外科手術に欠かすことの出来ない電気メスや患者監視装置、内視鏡装置 、画像等手術支援装置(navigation)等の医療機器の保守点検や操作介助を行い、手術のスムースな進行に努めています。また、診療科の技術の向上と共に使用する機器の発達も著しく、年々新たな機器を導入しています。

臨床業務 手術室業務

手術支援ロボットhinotori
医療機器安全管理ラウンド業務

多種多様なME 機器の安全な機器使用を目的にした1日2回のラウンドを実施し、ME機器に関する疑問等を早期に解決し、不安の無い使用環境を提供できるようにするために行っています。代表的な生命維持管理装置の一つに人工呼呼吸器があります。自発呼吸が十分に出来ない方の呼吸を人工的に補助する装置です。この装置の装着や操作等の介助を臨床工学技士が行います。認定資格に呼吸療法認定士があります。

保守点検管理業務

日常点検

事故のない安全なME機器の取り扱いに、点検は欠かせません。
人工呼吸器・ハートモニター・輸液ポンプ・シリンジポンプなどの機器に決められた使用後点検を実施し、使用可能な状態を確保し次の安全な機器使用に備えます。また、使用開始時や使用中の安全な機器使用のため、確認表を用いて使用者が点検を実施し、報告書を作成しています。現在は、確認表のWEB化が進み記録の容易性や感染対策を推進しています。

定期点検

事故のない安全なME機器の取り扱いに、点検は欠かせません。
管理しているME機器は定期点検を行います。専用の点検器具や点検装置を使用し、メーカーの性能評価に準拠した性能点検を各機器、年間に1回から3回実施し点検実施報告書を作成し管理しています。
現在、管理を実施しているME機器は900台を超えています。このようなME機器関連業務の上位資格に臨床ME専門士という資格があります。主なME 機器として、人工心肺装置、補助循環装置(PCPS・IABP)、血液浄化装置(HD/CHDF)、人工呼吸器、ハートモニター(患者監視装置)、除細動器(AED含)、閉鎖式保育器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、電気メス、内視鏡装置、手術用顕微鏡があります。

 医療機器安全研修会

機器の安全使用を目的にME機器の使用に携わる職員を対象に、一年を通じて多種多様なME機器の勉強会(医療機器安全研修会)を実施しています。ME機器の安全性・信頼性を確保しても、正しく使用されなければ事故につながるため、機器を適切に使用するための知識と技能の習得、それらの標準化をはかり、ME機器が安全に使用できることを目的として定期的に勉強会を実施しています。勉強会終了後に受講者の理解度を把握する目的で、理解度テストを実施し、理解度に応じて個別に対応しています。


臨床工学科のご案内に戻る