お知らせ

0463-32-0015(代表)

休診日: 土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

診療科のご案内 外来担当表・休診情報 新型コロナウイルス感染症関連

手術支援ロボット「hinotori」を導入しました

2022年7月27日

当院では、2022年6月に国産初の手術用支援ロボット「hinotori」を神奈川県内の医療機関で初めて導入しました。
現在、医師や手術に関わるスタッフがトレーニングを重ねており、2022年10月から泌尿器科領域(前立腺、腎臓、膀胱の悪性腫瘍など)での手術を開始する予定です。
今後、消化器科や婦人科の領域に適応の拡大が予定されていることから、当院でも順次、ロボット支援手術の対象を広げていく予定です。



「hinotori」の特徴

侵襲が少ない

最大の特徴は、侵襲(患者さんの身体に生じる負担)が少ないことです。従前の開腹手術よりも傷が小さいため、出血量が少なく、術後の回復が早いといわれており、機能温存(治療効果を下げない範囲で病巣部の切除範囲を制限し、臓器や組織を温存すること)や合併症リスクの回避も期待できます。

スマートなアームの動き

8軸(関節)で構成されているロボットのアームは滑らかに動き、アーム全体がスリムで、アーム同士の衝突を自動で回避する機能も搭載されています。また、体内ではアームの先端部が人の手首のような動きをするため、人の手では届きにくい場所でも、よりスムーズかつ安全な手術が可能となります。


「hinotori」が紹介されました

当院が導入した手術支援ロボット「hinotori」が各メディアで紹介されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

  • 広報ひらつか(8月第1金曜日号)
  • 神奈川新聞(7月30日(土)掲載)
  • タウンニュース(8月4日(木)号)
  • 毎日新聞(8月4日(木)掲載)
  • 読売新聞(8月6日(土)掲載)

経営企画課