ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

診療科のご案内

耳鼻咽喉科

診療方針

地域連携に基づいた急性期病院としての役割を果たすべく、質の高い医療の提供を心がけています。地域の診療所やクリニックとの連携により、初診の予約、検査の予約の受け付けを行い、待ち時間の短縮を図っています。
また、耳鼻咽喉科の疾患は、下記のように、聞く、話す、匂いをかぐ、ものを食べる(味わう→飲み込む)など、いわゆる生活の質(Quality of life : QOL)に大きく関わってくるのが特徴です。一口に治療といっても、その方法には幾通りもあることが多いので、治療方針の決定には、患者さまとよく御相談し、ご本人の重要視される事柄を十分に考慮・尊重するように心がけています。

診療内容

耳鼻咽喉科では、耳・鼻・口腔・のど(咽頭~喉頭)のみならず、顔面・頚部を含めた広い範囲にわたる疾患を診察、治療しています。
具体的には、以下のような症状(疾患)を診ています。


  • 耳痛(外耳炎、急性中耳炎)、耳だれ(慢性中耳炎)、耳前部の腫れ(先天性耳ろう孔)、難聴(滲出性中耳炎、突発性難聴、加齢性難聴)、耳鳴り、めまい、など

  • くしゃみ、鼻水(アレルギー性鼻炎)、鼻づまり(鼻中隔彎曲症、慢性副鼻腔炎、鼻茸)、頬部腫脹(急性副鼻腔炎、術後性上顎のう胞)、鼻出血、など
  • のど
    のど痛(急性扁桃炎)、舌痛(口内炎)、のどのつかえ感、かすれ声(声帯ポリープ、声帯結節、喉頭癌)
  • 頚部
    あごの腫れ(急性顎下腺炎、顎下腺唾石、顎下腺腫瘍)、耳下の腫れ(急性耳下腺炎、耳下腺腫瘍)、前頚部の腫れ(甲状腺腫瘍、甲状腺癌、甲状舌管のう腫、リンパ節炎、悪性リンパ腫)、など
  • その他
    顔の半分が動きづらい(顔面神経麻痺)、いびき、睡眠時無呼吸、など

週間予定は、外来診療担当表→耳鼻咽喉科をご覧ください。
午前:外来診察、午後:入院手術、外来手術、補聴器外来、各種検査を行なっています。

年間手術件数:約250例
平均在院日数:約8日
外来手術/日帰り手術としては、以下のような種類を行なっています。

慢性中耳炎 鼓膜形成術
アレルギー性鼻炎 レーザー手術
鼻茸 鼻茸切除術
滲出性中耳炎 鼓膜チューブ留置術
口腔内腫瘤 腫瘤摘出手術
いびき症 レーザー手術

スタッフ

部長
平成5年卒

横山 真紀

(資格)
日本耳鼻咽喉科学会専門医
身体障害者福祉法指定医
補聴器適合判定医
ICLSプロバイダー
慶應義塾大学耳鼻咽喉科客員講師
臨床研修指導医
(専門分野)
耳鼻咽喉科、頭頚部外科全般
医師
平成24年卒

寒河江 ひとみ

(専門分野)
耳鼻咽喉科、頭頸部外科全般
医師
平成26年卒

橋本 陽介

(資格)
(専門分野)
耳鼻咽喉科、頭頸部外科全般