ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

診療科のご案内

皮膚科

木花 いづみ副病院長

副病院長
木花 いづみ

地域の中核病院の皮膚科として、他院や他科との連携をとりながら診療しています。患者さまへの病気や薬についての説明は、なるべくわかりやすい言葉を用い、納得して頂けるよう心掛けています。全ての皮膚疾患について的確な診断・治療が行えるよう、スタッフ全員のスキルアップをめざして、勉強会やミーティングを積極的に行っています。

診療内容

一般的な疾患から、入院手術を要する悪性腫瘍まで、幅広く皮膚疾患の治療を行っています。全身麻酔下の拡大切除や、重症軟部組織感染症に対する緊急デブリドマンなど、皮膚外科学にも積極的に取り組んでいます。

2016年度患者数・手術実績
  • 一日平均外来患者数 95人
  • 一日平均入院患者数 10人
  • 年間外来手術件数  402件、生検218件
  • 入院手術件数    83件
  • 湿疹・皮膚炎群
    きめ細かい外用・生活指導とともに、積極的にパッチテストを行い、原因・増悪因子の除去に努めています。アトピー性皮膚炎重症例には、光線療法によるかゆみの軽減を行ったり、入院治療も行い、外用療法などについて、一緒に勉強していきます。
  • 尋常性乾癬
    外用療法・光線療法・チガソンや免疫抑制剤及び2017年からはPDE4阻害剤の内服などの治療を、重症度により組み合わせて選択しています。またTNFα阻害薬使用承認施設になっています。
    2013年8月にはnarrow band UVB に加えてエキシマ光線療法の機械も導入されました。
  • 円形脱毛症
    難治例に対しては、免疫療法も施行しています。重症例にはパルス療法も行っています。
  • 尋常性白斑
    2016年から導入したターゲット型ナローバンド紫外線照射(TARNAB)により、今までの光線治療以上に効果があがっています。
  • 水疱症
    ステロイド・免疫抑制剤に抵抗性の重症例については、血漿交換法・γ‐グロブリン投与を併用し、良好な治療成績を得ています。
  • 感染症
    重症帯状疱疹については、早期入院のうえ抗ウィルス剤の点滴を勧めています。致命率の高い壊死性筋膜炎などの重症軟部組織感染症に対しては、積極的にデブリドマンなどの緊急対応を行っており、ここ数年高い救命率を維持しています。
  • 薬疹・アレルギー
    重症薬疹については、ステロイド投与、γグロブリン投与や血漿交換など集学的な治療を行っています。また、原因薬の検索も積極的に行い、副作用カードの発行を行っています。アナフィラキシーの患者さんに対して®エピペン処方が可能です。
  • 腫瘍
    形成外科常勤医との連携も取りながら、担当医が手術・病理組織学的診断・術後の経過観察、全ての過程に責任を持って行うことを大原則としています。また、2008年からセンチネルノード生検も施行可能となりました。2015年度皮膚悪性腫瘍手術71例の内訳:悪性黒色腫6、扁平上皮癌10、付属器癌7、基底細胞癌26、ボーエン病などの上皮内癌17、悪性リンパ腫1、その他4。ある程度の大きさの局所麻酔下の手術については、一泊入院の手術も行っています。
    2016年から悪性黒色腫に対して、PD-1抗体による治療が当院でも可能となりました。
医療設備

紫外線照射装置(narrow band UVB・ゼラビウム・TARNAB)、ダーモスコピー、多汗症に対するイオントフォレーシス

スタッフ

副病院長
S57年卒

木花 いづみ

(資格)
日本皮膚科学会専門医・指導医
慶應義塾大学医学部皮膚科非常勤講師
臨床研修指導医
(専門分野)
皮膚科全般
科医長
H15年卒

藤尾 由美

(資格)
日本皮膚科学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
臨床研修指導医
がん治療認定医
(専門分野)
皮膚科全般、皮膚悪性腫瘍
医師
H25年卒

川島 裕平

医師
H26年卒

田中 千尋