ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

診療科のご案内

外科

外科臨床研修に興味を抱いている医学生の皆さんへ

-平塚市民病院での臨床研修のすすめ-

 将来に向けて日々充実の学生生活を送っていらっしゃることと思います。平塚市民病院・外科部長・中川基人より当院の外科臨床研修を紹介させていただきます。
 平塚市民病院では臨床研修医に対し必須修練として2ヶ月間の外科修練を課しています。この2ヶ月間は将来の希望専門領域にかかわらずしっかりと外科医を体験していただきます。そのために研修医は指導担当の外科レジデントとペアになり行動を共にします。体力的には楽でない2ヶ月間になるかもしれません。しかし、私たち外科はチームワークを尊重しており、ローテンション中の研修医を外科の仲間と考えます。指導担当の外科レジデントのみならず部長以下全員の外科スタッフが研修医に対し仲間として向き合います。仲間同士ですから辛い時、苦しい時、病気の時などは共に気遣い合い、助け合います。2ヶ月間の外科研修を終える頃の研修医の満足度はとても高いものになっていきます。

 各研修医に対し、私たちは2ヶ月の研修到達目標を自己設定させています。この目標は個人によって、あるいは外科を回る時期によって異なることが自然です。2014年度の研修医の目標の一部を紹介しますと、「末梢静脈ラインを確実にキープできる」、「術後管理の指示を出すことができる」、「中心静脈ラインを確保できる」、「腹腔穿刺、胸腔穿刺を安全に行うことができる」、「真皮埋没縫合を習得する」、「腹腔鏡下の腹膜縫合が実施できる」、「糸結びをマスターする」「鼡径ヘルニア手術を執刀する」などがあり、バラエティーに富んでいます。研修医は日々標準的な外科臨床研修を積みながら、外科スタッフは全員が研修医の目標を共有し、目標達成に向けて皆で協力し合います。過去の経験から、適切な目標設定を行う限り、目標達成は十分に可能と考えています。

 さて、ここまでは外科を志すか否かにかかわらず受けていただく外科修練ですが、将来の外科医を志す皆さんには特に平塚市民病院での臨床研修をおすすめします。というのも当院の臨床研修プログラムは科選択の自由度が高く、合計24ヶ月間の研修期間中の6ヶ月を自身の志す進路に合わせて選択することができるからです。一人一人の研修医とよく相談して納得のいく選択ができるようサポートしています。志のある研修医にとっては、必須の2ヶ月間で外科の基礎をしっかり身につけ、選択期間を利用してさらに一歩進んだ外科修練を受けることを可能にさせるプログラムと考えております。

 外科医を志す方もそうではない方も、自身の将来を見据えた平塚市民病院での臨床研修に興味を持たれる方はどうぞ遠慮無く私まで御連絡ください。

以上
2015年4月20日
外科 部長 中川基人
momameju@aol.com