主な治療案内

自己心膜を利用した大動脈弁形成術

人工物を使わず作った弁で大動脈弁を作製する新しい手術方法。

大動脈瘤

ステントグラフトや人工血管による手術方法。

僧帽弁形成手術

人工弁を入れず自分自身の弁組織を使って治す手術。

狭心症・急性心筋梗塞に対するカテーテル治療

バルーン及びステントグラフトを用いた治療法。

ごあいさつ


 センター長 鈴木 暁

平塚市民病院心臓大血管センターの目的は患者様にわかりやすい医療を最新の技術と医療機器にて提供することです。

心臓血管外科、循環器内科、血管外科、放射線科が一体となって心臓病、大動脈瘤から末梢動脈、静脈疾患まで一貫した治療を受けることが可能となります。

スタッフ紹介

高機能320列CTを導入しました

320列CTは心臓を0.35秒で撮影できる高性能なCTで、従来はカテーテル検査が必要であった冠動脈の撮影が行え、大動脈ステントグラフト治療に必要な特殊な動態撮影も行うことができます。

お知らせ・更新情報

循環器内科後期研修医募集はこちら循環器内科常勤医師募集はこちら
2013年01月04日 Q&A公開いたしました。
2012年12月28日 心臓大血管センターをスタートいたします。

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ

平塚市民病院
〒254-0065
神奈川県平塚市南原1-19-1