ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

当院について

中長期計画・新公立病院改革プラン

将来構想「平塚市民病院 FutureVision(フューチャービジョン)2017-2025」(平成29年3月策定)

 日本は、他国に類を見ないスピードで少子高齢化が進んでおり、平成37年(2025年)には、「団塊の世代」が後期高齢者(75歳以上)に達することにより、高齢者の中でより高齢の者が増える状況になると推測されています。
 これにより、介護や福祉分野の需要増加に伴う医療費等の社会保障費の膨張が懸念される(いわゆる「2025年問題」)ことから、医療・介護分野の抜本的な改革が提唱されました。
 平塚市民病院は、この目まぐるしく変化する医療政策や地域特性及び経営状況を踏まえ、平成29年(2017年)度から平成37年(2025年)度までの9年間の平塚市民病院の方向性を示すために、将来構想「平塚市民病院 Future Vision 2017-2025」を策定しました。
※この将来構想は国から策定を求められた「新公立病院改革プラン」を含んでいます。

セッション別

添付資料

 なお、平成29年2月6日(月)から平成29年3月7日(火)まで実施しました、将来構想「平塚市民病院 Future Vision 2017-2025」(素案)のパブリックコメント手続について、皆様からいただいた意見に対する市の考えは次のとおりです。
 実施結果は、このほかに、各閲覧場所(市政情報コーナー、各公民館、各図書館等)にて公表します。

  1. 意見数
    個人から4人   7件
    団体から1団体  1件
    合計       8件
  2. 意見及び意見に対する市の考え方
    将来構想「平塚市民病院 Future Vision 2017-2025」(素案)に係るパブリックコメント手続の実施結果

次期平塚市民病院将来構想検討会議

 「平塚市民病院将来構想(平成20年11月策定)」が平成28年度で終了することを受け、「新公立病院改革ガイドライン」及び「平塚市民病院あり方懇話会」で議論された内容を踏まえた、新たな平塚市民病院の将来構想策定について広く市民等の意見を求めるために、「次期平塚市民病院将来構想検討会議」を開催しました。

会議録について

平塚市民病院あり方懇話会

 平成20年11月に策定した「平塚市民病院将来構想」が平成28年度で終了します。
新公立病院改革ガイドラインや地域医療構想のほか、「2025年問題」や現状の医療制度、地域特性及び経営状況を踏まえた次期将来構想を策定するに当たり、今後の市民病院のあり方について、幅広い意見を求めるために、あり方懇話会を開催しました。

議題
「平塚市民病院の将来像について」
~「新公立病院改革プラン(平成29年度)」から「2025年問題(平成37年度)」まで~

 

報告書について

 平成28年3月15日に、平塚市民病院あり方懇話会(座長:亀井 善太郎氏(公益財団法人東京財団 研究員兼政策プロデューサー))から平塚市病院事業管理者宛に報告書が提出されました。

会議録について

平塚市民病院将来構想(平成20年11月策定)

 平塚市民病院は、「市民のための総合病院」として、市民からの期待に応えるべく、良質な医療の提供に努めてまいりました。しかし、急速な少子高齢化の進行や医療技術の飛躍的進歩、国民の医療に対する意識の変化など、医療をめぐる環境は、近年劇的に変化しています。
 平塚市では、これらの課題に対応するために「新たな市民病院の姿」を示すとともに、国が示した「公立病院改革ガイドライン」が求める事項を加えて、平成20年11月に「平塚市民病院将来構想」を策定しました。

 なお、平成20年10月1日(水)から平成20年10月30日(木)まで実施した、「平塚市民病院将来構想」(素案)のパブリックコメント手続について、11の個人及び団体からいただいた意見に対する市の考えは次のとおりです。
 実施結果は、このほかに、各閲覧場所(市政情報コーナー、各公民館、各図書館等)にて公表しています。

平塚市民病院経営計画(平成23年度~平成25年度)

 「平塚市民病院将来構想」の実現のため、「平塚市民病院経営計画」を策定しました。平成23年度から25年度までの3か年を計画期間とし、4つの基本方針に基づいた35事業を掲げ、進行管理と点検評価を行い、実現性を高めていきます。

平塚市民病院経営計画(第2期)(平成26年度~平成28年度)

 前経営計画の終了を受け、平成26年度から28年度までの3か年を計画期間とした第2期の経営計画、実施計画を策定しました。院内全ての部門で事業方針・年度別達成目標事項を掲げ、点検や審査などを行い進行管理を実施します。

平塚市民病院経営計画(第2期)の一部見直しについて

 市民病院経営計画(第2期)は、市民病院整備事業の進捗や経営状況の変化に伴い、設定した収支計画等と現況との間に乖離が生じています。このたび、平成26年度決算などを踏まえ、平成28年度までの収支計画を見直しましたので、経営計画(第2期)に設定されている項目を修正しました。

平塚市民病院経営計画(第2期) 実施計画事業の実績報告について

 市民病院経営計画(第2期)における実施計画事業について、取組状況と自己検証の報告を基に病院事業管理者と各部門長とのヒアリングを行いました。自己検証とヒアリング結果を踏まえて、実施計画事業の実績として次のとおりまとまりましたので、報告いたします。

平成27年度実績報告
平成28年度実績報告と3年間の実績報告について

 平成28年度の実施計画事業の実績と、平成26年度から平成28年度までの3年間の実績がまとまりましたので、報告いたします。

お問合せ先
平塚市民病院経営企画課経営企画情報担当
電話:0463(32)0015 内線5356

 

Adobe Readerダウンロード
Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)